【新ブログ】

肥溜め

2016/05/06~ 絶賛毎日更新中 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦これ日記 モチ編

雲龍・天城のレベリングがてらモチ集めに3-3行ったが絶望。

ドロップ条件のマスで恐らく20戦ほどしたが、入手は一個のみ。昨日までに偶然ドロップしたのを含めて何とか3個にはなったが、更に7個集めないといけないのはキツイですな。そもそも資源がもう無い。あまり貯めようとも思っていないので仕方ないのだが、イベント終了時と同じぐらいになってしまった。バケツも二桁に突入。モチ狩りさえなければ今頃大型に着手できていたかもしれないと思うと何とも虚しい。明日からは潜水艦でやろうと思う。時間的効率より資源的効率だ。

今日の収穫は那智が改二になったことぐらい。普通にイケメンで困る。四姉妹で残りは妙高のみとなったので、明日からは演習でも積極的に運用していこうと思う。編成任務で妙高改二が丁度必要にもなっているし。

あと月も変わるのでEOも回って行かないといけないな。今月は結局イベントで疲れて1-5と3-5のみだった。3-5はモチ集めにも有効らしいから、資源が怖いが明日にでもゲージ破壊してしまおうか。
スポンサーサイト

爪切り万歳

以前にガラス製ヤスリを買ったという記事を書いたが、既にあまり使用していない。
というのも爪切りの方が圧倒的に効率的ということに気付いてしまった。
仕上げに少し使うぐらいなら丁度いいが、以前のように伸びた爪を全てヤスリで削るのは骨が折れすぎる。
そこまで爪にこだわっているわけでもないし。そういうのは女子や手タレでもやっている人に任せることにした。

独断と偏見で2015年プロ野球順位予想

【パ・リーグ】

  1. ソフトバンク
  2. オリックス
  3. 西武
  4. 日ハム
  5. ロッテ
  6. 楽天

【セ・リーグ】

  1. 巨人
  2. 阪神
  3. 広島
  4. ヤクルト
  5. 横浜
  6. 中日


まずパ・リーグと言うとオリックスの補強が目立ちまくっているが、それでもソフトバンクにはかろうじて届かないと予想。後半戦まで順位は拮抗するとは思うが、そういう場面でやはり優勝経験豊富なホークスが抜け出る展開になる気がする。

 

西武の三位予想は完全に贔屓。贔屓だけど、可能性は無くはないと思っている。順調に行けば開幕にはおかわり、メヒアのWホームラン王が揃い踏みになるし、キャンプや練習試合を見る限り野手陣は若手・ベテラン含め期待できる。やはりネックとなるのは投手か。

 

日ハム・ロッテ・楽天は正直な話、詳細を知らないので雰囲気で。楽天はデーブ政権がハマらなくて暗黒期に入ると勝手に思っている。

 

セ・リーグは全く知らないので、これまた適当。ただ巨人の優勝はもう数年動かないと思っている。黒田加入効果で二位広島というのも考えたが、去年をみるとやはり要所の試合で勝つ癖というか雰囲気が無い。下位癖がついてしまっていると思う。

 

ヤクルトは成瀬が加入したと言っても、やはり投手陣崩壊はそこまで是正されていると思えないので4位。横浜はここ数年順調に順位を上げてきてはいるが、そろそろ力尽きると予想。中日は明るい話題がない。

 

以上。雑把な順位予想でした。シーズン終了後に答え合わせだな。

艦これ日記 呂500の単艦オリョクルが凄い編

昨日、とうとうドイツ生まれ少女の日焼けした柔肌の上にスク水を着せてしまった。

 


引用元:
http://kanmusu.blomaga.jp/articles/38047.html

 

オリョールで常に旗艦だったのであっという間だった。見た目がガラッと変わるので改造には少しだけ勇気が必要だったが、基本的な性能は、当然なのだが改造後の方が向上するようなので踏み切った。

 

それとWikiに書いてあった呂500の単艦オリョクルをやってみたが、これが結構な効率で驚いた。艦これは耐久7以下はカスダメを受けないという性質があり、呂500は小破と中破の耐久のボーダーが丁度7なので、結果的に火力に影響の無い小破状態のままでほぼ無傷でオリョクルができるということらしい。その他にも回避が高いので敵の攻撃を避けまくることができる、単艦だから常にキラキラ状態、というのも大きい。それでもクリティカルなどが出ると上記の性質など全て無意味となるので大破する時は当然する。

 

気になってきたので、大破するまでオリョクルをした収益等を非常に簡単に記録を取ってみた。

 

所要時間:約10分

出撃5回中 勝利8回 敗北2回(勝率8割)

燃料:6577→6734(+157)

弾薬:5984→6083(+99)

 

装備はFaT魚雷とタービンとなっている。持っていないのでタービンを使っているが、本式缶・高圧缶があるならもっと生き長らえることができるはず。10分でこれだけの収益ならば非常に優秀ではないだろうか。長い時は30分近く単艦でグルグル回れることもある。

 

呂500は大破すると約40分ほど入渠時間がかかるが、その間には潜水艦三隻のオリョクルをするようにしている。そうすることで、一隻では達成しづらい任務もクリアできて効率的だ。

PC画面をTVに映そうとして諦めた話

HDMIケーブルが余っていたので「パソコンとテレビをそれで繋げばディスプレイ購入しなくてもマルチディスプレイを実現できるのではないか?」と思い、繋いでみたのだが何の反応もなし。それもそのはずで、調べてみると自分が使用しているパソコンはHDMIの入力端子は存在しても出力端子は無い。つまり入力端子同士を接続していたわけだ。両方共が受けでは何かがおっ始まるわけもない。

 

どうにかできないものかと調べてみると、USBのディスプレイアダプターというのを使えばPCからの出力も可能になり、テレビ画面をサブディスプレイにできるらしい。可能ならすぐにでも実現させたかったのでAmazonで品定めをしてみたのだが、どれもラグがあるやらフリーズするやら不安なレビューが多い。値段的にも万が一間違って購入してしまうと財布が気の毒なことになってしまうので、結局今回は見送ることにした。冷静に考えるとそこまで早急に必要というわけでもないので。

 

今回の事といい、最近になって急に一体型PCの不便さが身に染みる事が多い。購入する時はノートとデスクトップの良いとこ取りをしたような個体かと思っていたのだが、その実態は両方の悪いところを受け継いだ欠陥品でしかなかった。MacBookが欲しいです。

艦これ日記 そして餅狩りへ…編

本日アップデートが行われ、冬イベントの終了と、それと同時に若干の新要素の追加がありました。

新要素は菱餅のドロップの追加。詳細は不明ですが、一部海域でドロップするようです。激動のイベントの終了直後ですが、餅集めは任務にも関わっているのでまだ少し頑張る必要がありそうです。潜水艦で北方海域周回が資材的にも頭皮的にも優しいみたいですが、自分は現在海外艦との接触と新武器の調達を目指して潜水艦を長時間遠征に回しているので、それが落ち着いたら餅狩りに着手しようと思います。一回の遠征が普通に24時間以上で、それを数回やらなければいけないので、早くても週の終わりになりそうですが。

イベントが終わり少し寂しい感じです。何をやればいいか迷ってしまいます。とりあえずイベントで使い切った資材をどうにかせんと行動すらできないので、どうにかしないとな。

イベントでは最終的には前々回ぐらいに書いた記事の内容に加えて、磯風・雲龍・まるゆ・舞風・浦風・鈴谷・秋雲などが増えました。イベント中には新規艦がトータル三十種ほど増え、母校がパンパンになり嬉しい悲鳴をあげています。とりあえず雲龍のレベリングあたりから着手して任務もこなしていきたい。

「風立ちぬ」を視聴ちぬ

録画していた「風立ちぬ」を再度ぼんやりと見てみた。

実話が元になっているというのを全く知らなかったので、関東大震災のシーンや、主人公がゼロ戦を設計した人だということには驚いた。
純粋に夢を追っかけて好き勝手やっている感じが良かった。主人公のキャラも味があって魅力的だった。
ただ声優に庵野秀明を器用したことにはやはり疑問符が脳内に。芸能人の声優起用は今までは結構ハマっていたので良かったのだけど(「ハウルの動く城」でのキムタクも当時は大丈夫かと不安だったけど全然問題なかったし)、流石に聞いてても声が気になってしまう部分があったな。

婚約のシーンが一番良かった。菜穂子の綺麗さは鳥肌もの。菜穂子がモデルはいるけど実在しない人というのを知った時は驚いた。

艦これ日記 イベント海域制覇編

本日深夜三時、死ぬ思いで何とかE-5・難易度甲をクリアすることが出来ました。

 

駄目だったら難易度を下げればいいぐらいの軽い感じでラストのゲージ撃破に挑んでみたら、序盤で思いの外に善戦。むしろ無理だと思っていたクリアの希望が芽生えてしまい、引き返すことができなくなりドツボへ。キラ付けにこだわるか否か、イベント終了が迫る中でタイムリミットはいつにするか、燃料弾薬が無くなった時に課金を選択肢にいれるか。様々な不安要素が頭をよぎる極限の精神状態の中で奮闘すること三時間余り、本当にギリギリのクリアでした。

 

クリアした人の編成を見ると平均レベル80程度の艦ばかりだったので、レベル30~50が普通にスタメンにいる自分は正直絶望していたのですが、それでも制覇できたのは艦種だけはボチボチ揃っていたのが大きいと思います。
特にイベント中に長門をゲット出来たのは本当に大きかった。他にも明石、加賀、雪風、那珂ちゃんあたりは入手・育成ができていたのは幸いでした。
ラストのMVPは当然の神通ですが、あの場面で撃破するのにもそれ以前の戦艦陣の踏ん張りや、羽黒明石時雨のデコイ、雪風やマイフェイバリットレズビアンズの活躍があっての結果なので、全員に拍手を送りたい。

 

廃人レベルで艦これやってて、大和型揃えている人だって下手したら50回以上ラストで詰まる例もあるようだし、今思えば自分は運が良い方だったなと実感。出撃は10回程度だし、所要時間も風立ちぬを見ながらダラダラとキラ付けをして、それから三時間程度プレイしただけだったので。それでもやはり精神的にきつかったことには変わりないですが。

 

とりあえず今は開放感でいっぱいです。イベント中は艦これ内の行動は全て資材を増やすことに費やしてきましたが、そこまで神経質になる必要が無いのは嬉しいです。

 

イベントも残り一日余りあるので、掘り作業をダラダラとやっていこうと思います。正直やりきった感があるので、そこまでやる気も無いですが。未入手は何でも嬉しいですが、特に欲しいのは雲龍、朝霜、それと明石と大鯨をもう一隻ずつでしょうか。入手できなかったらそれはそれで、というぐらいの情熱です。
イベント終了後は、今回の反省も踏まえて装備の充実や要所のレベリングを考えていくつもりです。大型建造も着手していきたいです。あと資材はできれば自動回復上限をボーダーとしてやっていきたいですね。今回のイベントは結果的に資材は結構残せたものの、やはり残り二万を切ったあたりは精神的に追い詰められてキツかったので計画的に貯蓄していかなければいけません。

 

色々あるけどとにかく疲れた。ありがとうございました。以上!

アドセンス承認完了

たまに話をしてきたアドセンスに関してですが、無事承認されました。
「一ヶ月かかる」とか「相当厳しい」とか聞いていたのに正直拍子抜けです。
結局一週間程度しか掛かりませんでした。
仮ブログで気をつけていたのは文字数と過激すぎない内容を書くぐらいで、キツさは皆無だった。

ただ運用に関しては色々と厳しい部分がある模様。
もし違反でもして配信停止にされたら再取得は非常に面倒そうなので、むしろ本当に気をつけなければならないのはここからでしょう。
もう少し色々と勉強してから実践していきたいと思っています。

アニメ艦隊これくしょん 第七話? 感想

最早完全に不定期になっていますが感想をば。

 

B-I-I1-CQAAsMwJ.jpg

 

全体を通して思ったのは、シリアスもいけるじゃん!という感じですね。
普通に戦って、少し苦境があって。あのぐらいでも惹きつける事ができるのだなと。
そうなると尚更に三話の如月轟沈が些か過剰だったのではないかと再認識させられる。
ある程度のシリアス展開でも面白さを持たせられるなら、如月を轟沈させるというのは演出として必要だったのかどうか。

 

ただ今更言うのも遅いが、個人的には如月の轟沈は「あってもいい」ぐらいに思っています。
やはりあれがあったから、それ以降も常に誰かが轟沈するのではないかという緊張感が視聴者に芽生えたと思うし。
昨日の七話を見ていても瑞鶴翔鶴がピンチのシーンは少し冷やっとした。そこでそういう風に思ったのは、やはり過去に轟沈展開があったから抱く感情なわけで。


ただその緊張感を持ちたい人と 、いらない人がハッキリ分かれているからあそこまでの波紋を呼んだのだと思う。
「ケッコンカッコカリ」などがあるように艦これはいわゆる「嫁ゲー」の側面もあるので、それを公式のアニメで消滅するキャラを出したら阿鼻叫喚渦巻くのは当然だろう。 如月を贔屓にしている人も沢山いるのだから。
そのような反響が起こってしまうのは公式だって重々理解しているだろう。それなのに何故あのような鬱展開を持ってきたかというと、やはり今後にもう一波乱あることを視聴者に宣言しておきたかったのだと思う。
「萌え豚御用達展開で終盤まで来たと思ったらいきなり轟沈」という展開にして大荒れになるよりは、早めに轟沈艦を一つでも出して視聴者に心の準備をさせたというのが現状一番濃厚ではないだろうか。

 

全く七話の感想になっていないので本筋に。
Twitterで実況したことと重複するが、加賀の台詞が印象的だった。
「みんな優秀な子たちですから」という台詞は元々ゲームの方でもお気に入りの台詞だった。「他の艦娘を褒める加賀さんマジお姉さん」みたいな感じで微笑ましいところがね。
しかしアニメで使われたシーンでなんとそれは艦載機に向けて言っていたことだと判明。自画自賛じゃねえか!と少しガッカリした。
そう思わせておいてからのラストシーン。あれは製作側に上記のように思考を誘導させられたのか定かではないが、やられた。
珍しく違和感の無い原作台詞の挿入だったのも良かった。

B-I7mJACIAAZsxF.jpg

 

因みに今回も時雨は出ませんでした。
カレーまではほぼ皆勤賞だったのに酷です。もう喋るかどうかどころの話では無いかもしれません。
今回は今まで出なかった艦も(名前だけ)登場したから少しだけ期待はしたのだけど。
翔鳳のように爆破炎上するシーンだけ登場とかよりマシだろうか。それでも登場したほうが喜ばしいのだろうか。

B-I8n-kCMAANOft.jpg

 

次回のタイトルは「ホテルじゃありませんっ!」とのこと。

卑猥なことを考えたが、大和が元ネタらしい。
大和登場以降は彼女が中心となって話が進むらしいのですがどうなることやら。

ブログ移転のお知らせ

当ブログは移転しました。以下の場所で更新は継続しています。


新ブログ:http://koedamebiyori.com/

新「肥溜め」の更新情報

RSSリンク

follow us in feedly

RSSを購読する

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。